« 機械的 | トップページ | 典型的 »

2009年3月13日 (金)

印象的

弟子:

次は、「印象的」ですが・・・?

“印象的”

“印象性的”

で、よろしいでしょうか?

先生:

どういう場合?

弟子:

「あの町で見た夕日は、印象的でした。」

「あの映画の最後の場面は、大変印象的でした。」

「別れのキスをした時の彼女の目に浮かんだ涙の

 味が印象的でした。」

先生:

さぞかし、「しょっぱい涙」だったんだろうな?

“印象深刻 yìnxiàngshēnkè”

と言えば、いいよ。

弟子:

“有印象”

では、ダメでしょうか?

先生:

ダメダメ、それでは、

「多少は、記憶にあります。」

「えー、うっすらと覚えています。」

になってしまうんだよ。

弟子:

「・・・的」は、ややこしいですね。

「機械的に」やってもダメなんですね。

先生:

そうだよ。

「機械的」でも、「創造的」、「個性的」、「独創的」、

「独善的」でも、いけないんだよ。

言葉は、本当に、「奥深的」だな。

弟子:

先生、「機械的」かつ「創造的」に過ぎますよ。

« 機械的 | トップページ | 典型的 »

」カテゴリの記事