« 三人寄れば文殊の知恵 | トップページ | 腐っても鯛 »

2009年3月27日 (金)

誰からも得るものはあるものだ

弟子:

中国語の諺、

“三人行必有我师

sānrénxíngbìyǒuwǒshī”

は、どう訳すべきでしょうか?

なんだか、「三人寄れば文殊の知恵」に似ています

が・・・。

先生:

「三人いれば、必ず、私の先生となるべき人がいる」

という意味じゃよ。

弟子:

なるほど。

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  <諺>3人の者が同行すれば、その

                中にはきっと何か学ぶべきも

                のを持っている人がいる

 『中日辞典』    なし

 『中国語辞典』   なし

 『50+630』   人が何人かいれば必ず教えられる

            ことがあるものだ

少し拡大解釈すれば、「誰からも教わるべきことはある」と

なりますね?

先生:

まー、そうだな。

弟子:

でも、先生は、3人の中から見つかるような「代物」では、

ありませんよ。

先生:

「シロモノ」?

弟子:

「先生のようなお方は、3億人に、一人」っていうことを

言いたかったんです。

先生:

それは、また、大げさな。

君からは、「人は、ごますりなしには、生きていけない」

ってことを教わったよ。

弟子:

??

« 三人寄れば文殊の知恵 | トップページ | 腐っても鯛 »

」カテゴリの記事