« 水と油 | トップページ | 一線を画す »

2009年2月 6日 (金)

ひねくれ者

弟子:

先生、世の中には、「ひねくれた人」「つむじ曲がり」

「性格が悪い人」「あまのじゃく」「偏屈な人」がいます

よね?

どう形容しますか?

先生:

いるよ。

仙人や神様にもいるよ。

“乖僻 guāipì

“矫情 jiǎoqíng

“性格孤僻 xìnggégūpì

“脾气乖张 píqiguāizhāng

などと言うよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

“乖僻 guāipì

 『中日大辞典』    ひねくれて偏屈である、

            つむじ曲がりである

 『中日辞典』       (性質が)偏屈である、

            つむじ曲がりである

 『中国語辞典』  (人の性質などが)つむじ曲がりである、

            ねじけている、偏屈である

先生:

しかし、「偏屈な人」の方が、全人類のためになるような

偉業を成し遂げている例が多いな。

数学の難問中の難問を解いたロシアの数学者、というか、

学校の先生なんかそのいい例だよ。

「名誉」や「賞」なんかいらないというんで、雲隠れしてしま

ったらしいじゃないか。

我々も、見習いたいものだ。

弟子:

自分の世界に沈潜出来る人でないとできない事があるん

でしょうね。

私も「繭ごもり」しようかな?

先生:

君、「繭ごもり」して、何をやらかそうと言うんだい?

弟子:

「どうしたら、ノーベル賞を最短距離でもらえるか」、考えて

 みたいですね。

先生:

何?

??????

 

« 水と油 | トップページ | 一線を画す »

」カテゴリの記事