« 下ネタ | トップページ | 頭がいかれる »

2009年2月13日 (金)

下品な人間が立派なことを言えるはずがない

弟子:

先生、先ほどの、眉間に皺を寄せ、目くじらを立て

ながらおっしゃられたお言葉は、何というお言葉

でした?

教えてください。

先生:

「目がクジラ」????

まー、いいや。

“狗嘴里吐不出象牙

gǒuzuǐlitǔbuchūxiàngyá”

だよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  “狗嘴里吐不出象牙来”

           <諺>犬の口から象牙は吐き出せない、

              下品な人間はどうせ上品なことは

              言えない

 『中日辞典』   <諺>イヌの口から象牙は生えない、

                下品な人間がりっぱなことを言え

                るはずがない  

 『中国語辞典』  <諺><罵>(犬の口から象牙は出てこない

                →)(下品な話を聞いた時その話し手

                をののしって)悪人の口からはまともな

                言葉は出て来ない、

                ろくな話は聞けない

 『50+630』   下品な人間が立派なことを言えるはず

            がない

先生、かなりきついお言葉を私に投げかけられたんですね。

先生:

そうじゃよ。

かわいい弟子を叱咤激励するつもりで、言ったんだよ。

こたえたかね?

弟子:

もちろんです。

ちょっと、図に乗りすぎました。

申し訳ございませんでした。

先生:

君に、敢えて「下品な言葉」を言わせたわしも悪い

んじゃよ。

気分を換えて、「犬も食わぬ肉まん」を食いに行こう

や。

おいしいぞ。

弟子:

??????

« 下ネタ | トップページ | 頭がいかれる »

」カテゴリの記事