« 金使いが荒い | トップページ | イデア論 »

2009年2月21日 (土)

鼻息が荒い

弟子:

今度は、「鼻息が荒い」ですが・・・?

先生:

どう言う場合かな?

弟子:

「抜群の成績を上げて、鼻息が荒い。」

「マーケットシェアでトップに躍り出て、鼻息が荒い。」

などです。

先生:

だったら、

“很有气势 hěnyǒuqìshì”

“气势凌人 qìshìlíngrén

“盛气凌人 shèngqìlíngrén

“趾高气扬 zhǐgāoqìyáng

などと言うな。

“气势 qìshì”

は、

「勢い」、「威勢」、「気勢」、「迫力」、「力強さ」などの

意味じゃよ。

弟子:

私の挙げたのよりもっと良い例がありますね。

「中国は、貿易量が世界一となり、鼻息が荒い。」

「中国は、GDPが世界第3位に躍進し、意気軒昂である。」

の方が、よかったですね。

先生:

13億人の中国人が、「スースーハーハー」と一斉にやったら、

そりゃ、気勢が上がるというものじゃよ。

弟子:

?????

« 金使いが荒い | トップページ | イデア論 »

」カテゴリの記事