« イデア論 | トップページ | 恩恵にあずかる »

2009年2月23日 (月)

わざとらしい

弟子:

今度は、「わざとらしい」ですが・・・?

先生:

どんな場合じゃな?

弟子:

そうですね、

「知っているのに、知らないふりをする」

とか、

「怒っているのに、笑う」

とか?

先生:

だったら、

“做作 zuòzuò”

“故作 gùzuò”

“作秀 zuòxiù”

“不自然 bùzìrán

“故作姿态 gùzuòzītài

などと言うな。

弟子:

“作秀 zuòxiù”

が、日本人には、理解しにくいですね。

先生:

日本人に限らず、古手の中国人もおなじさ。

“秀

は、

英語の”SHOW”から、来ているらしい。

何も、英語に頼らずともいいと思うがね。

弟子:

これから、この手の言葉がもっと増えるんじゃない

でしょうか?

先生:

「外来語阻止運動」でも、起こそうか?

弟子:

そういう「ジョウイ主義」は、今では、通用しませんよ。

先生:

”JOY”?????

« イデア論 | トップページ | 恩恵にあずかる »

」カテゴリの記事