« 言葉にとげがある | トップページ | 救済する »

2009年1月11日 (日)

捨てゼリフ

弟子:

今度は、「捨てゼリフ」ですが・・・。

先生:

どんな感じかな?

弟子:

「彼は、『今に見ていろよ!』と捨てゼリフを吐くや、

教室を飛び出して行った」

というような感じです。

先生:

穏やかじゃないな。

『極道先生』にお出ましいただかないといけないな。

それは、ともかく、

“扔下一句话 rēngxiàyījùhuà”

“甩下一句话 shuǎixiàyījùhuà”

などと言うな。

弟子:

面白いですね。

中国語では、「捨てゼリフ」には特別な言葉がなく、「吐く」、

「残す」、「言い残す」の方で、ニュアンスを表しているんで

すね。

先生:

日本語では、「捨てゼリフを投げつけて」とは、言わない

のかね?

弟子:

余り、言いませんし、言わなくて済むんですよ、「捨てられ

たセリフ」と言ってしまっていますから。

で、先生、今日の授業の終わりは、「捨てゼリフ」で締めく

くりましょうよ。

セイノー、

先生、弟子:

後は野となれ山となれ!!!!!

« 言葉にとげがある | トップページ | 救済する »

」カテゴリの記事