« 円熟の域に達している | トップページ | 大器晩成 »

2009年1月 4日 (日)

好機をつかむ

弟子:

こんどは、「好機をつかむ」「またとないチャンスをつかみ

取る」「好機を逃さない」ですが・・・。

先生:

“抓住好机会 zhūzhùhǎojīhuì”

“掌握好火候 zhǎngwòhǎohuǒhou

“把握好火候 bǎwòhǎohuǒhou

などと言うな。

弟子:

“掌握好火候 zhǎngwòhǎohuǒhou

“把握好火候 bǎwòhǎohuǒhou

の方は、元々が「火加減」という言葉が使われています

ので、「頃合い」を判断して、ベストのタイミングをつかむ

というようなニュアンスが濃いのでは、ないでしょうか?

先生:

そうだ、いい点突いてるな。

実は、次のように、分けて考えなければいけないんだ

よ。

“抓住 好机会

“掌握好 火候

“把握好 火候

弟子:

あー、そうでしたか?

少し私の中国語も進歩して来たのですね。

先生:

うん、着実に、進歩しているよ。

« 円熟の域に達している | トップページ | 大器晩成 »

」カテゴリの記事