« 案ずるより産むが易し | トップページ | 金は天下の回りもの »

2009年1月17日 (土)

目は口ほどにものを言う

弟子:

こんどは、「眼は口ほどにものを言う」ですが・・・。

先生:

“眼为心声 yǎnwéixīnshēng

“眼睛是心灵的窗户

yǎnjingshìxīnlíngdechuānghu

などと言うな。

弟子:

ちょっと、失礼。

“心声 xīnshēng

 『中日大辞典』 心の声 

 『中日辞典』   心の声

 『中国語辞典』 (書き言葉に用い)内心から発する声、

                      心の声

“言为心声 yánwéixīnshēng

というのも載ってますね。

先生:

「目」、「口」、「表情」、「言葉」、「叫び声」、・・・、「身振り」、

「手振り」、・・・・「歯ぎしり」・・・等、皆、「心の声」になるん

じゃないかな?

弟子:

「歯ぎしり」もですか?

先生:

そうじゃよ。

「歯ぎしり」の強度と回数から、「心の状態」が分かるのさ。

弟子:

????

 

 

« 案ずるより産むが易し | トップページ | 金は天下の回りもの »

」カテゴリの記事