« リストラ | トップページ | よんどころない »

2008年12月22日 (月)

やんごとない

弟子:

先生、日本の会社内での、部下と上司の次のような

会話、理解できますでしょうか?

(部下) 何と言いましても、部長は、やんごとなきご家庭

     のご出身であられるし、一流大学をお出になられ

     ていらしゃいますから、私などとは違って、田んぼ

     で泥かきなどなされたことは、ございませんでしょう?

(上司) とんでもない。

     君、私はプロレタリアート家庭の出身だよ。

先生:

「やんごとなき」とは、「洋琴がない」というような意味かな?

弟子:

ハズレです。

難しいでしょう、生粋の大和言葉は?

「極めて尊い」「高貴な」「恐れ多い」といった意味なんですよ。

古い言葉ですから、廃れ気味ですが、でも、まだ使う人が

いるんですよ。

若干、ふざけて使ってはいますがね。

で、中国語では、どう言えば、よろしいのでしょうか?

先生:

う~~~~ん、ちと、難しいな。

やんごとなき私にとっても。

これかな?

“高贵 gāoguì”

“尊贵 zūnguì”

弟子:

なんだ、ずいぶんと簡潔ですね。

先生:

そうだよ、別に深い意味はないんだから。

弟子:

なるほど、言われてみれば、そうですね。

« リストラ | トップページ | よんどころない »

」カテゴリの記事