« 親身になる | トップページ | スッポンポン »

2008年12月 4日 (木)

胸のつかえがとれる

弟子:

「あー、やっと胸のつかえが取れました。これで、

今夜は高枕で眠れます」の「胸のつかえがとれる」

すが、どう言いますか?

先生:

どんぴしゃのがあるよ。

  “心里的石头终于落了地

  xīnlideshítouzhōngyúluòle

“心中一块石头落了地

  xīnzhōngkuàishítouluòledì“

じゃよ。

どうだい?

弟子:

素晴らしい!

中国人にとっては、「つかえ」=「石」なんですね。

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』    “心里好象一块石头落了地”

               心配事がなくなった

 『中日辞典』        “心里好像一块石头落了地”

                            こころのおもしが取れたようだ

  『中国語辞典』      “心里好像一块石头落了地”

                           (心の中は重しが落ちたかのようである

             →)肩の荷が下りて心中ほっとする

『50+630』    なし

で、先生は、こういった経験をお持ちですか?

先生:

もちろん、あるなんてもんじゃないよ。

ゴマンとあるよ。

弟子:

例えば?

先生:

わしの論文が盗用ではないと判明した時、

借金をしていた銀行が倒産した時、

ガールフレンドが妊娠していないと判明した時、

カミさんが、わしの浮気を「水に流すわよ」と

言ってくれた時。

弟子:

先生、最後のは、油断禁物ですよ。

忘れっこないですからね、この手の悔しい思いは。

« 親身になる | トップページ | スッポンポン »

」カテゴリの記事