« 心が通う | トップページ | 接して漏らさず »

2008年12月 1日 (月)

はつらつ

弟子:

今度は、「はつらつとして」「意気盛ん」「元気はつらつ」

ですが・・・。

先生:

若者を象徴する言葉だな。

弟子:

いえ、最近では、お年寄りの方が元気があるのでは

ないでしょうか?

例えば、先生。

先生:

いや、わしは、もう「片足を棺桶に突っ込んでいる」よう

な状況じゃよ。

とても、とても、「はつらつ」とは言えないな。

弟子:

で、何て言いいますか?

先生:

“精神充沛 jīngshénchōngpèi

“精神饱满 jīngshénbǎomǎn

“朝气蓬勃 zhāoqìpéngbó”

“风风火火 fēngfēnghuǒhuǒ”

などと表現できるな。

弟子:

“风风火火 fēngfēnghuǒhuǒ”

を辞書で引いてみます。

 『中日大辞典』  ①事を荒立て問題を引き起こすさま

            ②慌てふためく

            ③意気盛んなさま

 『中日辞典』     ①あたふたと、そそくさそ

            ②勢いよく勇ましいさま

 『中国語辞典』   ①ひどく慌ただしい、とてもそそっかしい

            ②はつらつとしている、意気込んでいる

 『50+630』   なし

先生、「そそっかしい」の意味なのか、「はつらつ」の意味なのかは、

文脈で理解するしかないんでしょうか?

先生:

そうじゃよ。

だが、そんなに、難しいことでは、ないと思うよ。

ここに、「はつらつ度測定器」があるからな。

さー、今から、君の「はつらつ度」を、測ってみようよ。

弟子:

先生、何ですか、これ?

先生:

クジラの交尾中の写真じゃよ。

弟子:

???????

« 心が通う | トップページ | 接して漏らさず »

」カテゴリの記事