« 渡りをつける | トップページ | ただ者ではない(1) »

2008年12月 3日 (水)

あごでこき使う

弟子:

こんどは、「あごでこき使う」「あごで使う」「こき使う」

ですが、いかがでしょうか?

先生:

“驱使 qūshǐ”

“颐指气使 yízhǐqìshǐ”

などと言うな。

弟子:

“颐指气使 yízhǐqìshǐ”

 『中日大辞典』   <成>あごの先や顔色で威張って

                人を使うこと   

 『中日辞典』   <成>(権勢のある人が)あごや顔色

                で指示する、

                威張って人を使うさま

 『中国語辞典』  (あごで人を指図し顔つきで人を使う→)

            あごで人を使う、偉そうな態度で人を使う

 『50+630』   なし

日本語の発想とよく似ていますね。

なんだか嬉しくなりますね。

先生:

たまには、そういうのもないとね。

やはり、同じホモ・サピエンスってことかな。

ところで、君、帰りがけに、そこの机の上に束ねてある

50通程の手紙の中から、女性宛てのものだけ取り出

して、重さを測って、80円または90円切手を貼って、

駅の近くの郵便ポストに投函して行ってくれないか?

弟子:

先生、ちょっと、人使いが荒過ぎません?

「パワハラ」で訴えますよ。

« 渡りをつける | トップページ | ただ者ではない(1) »

」カテゴリの記事