« 親切があだになる | トップページ | 一つのマントーを分け合った仲 »

2008年12月26日 (金)

一つ布団にくるまった仲

弟子:

先生、「一つ布団にくるまった仲」というのは、

どう言ったらよいでしょうか?

同性の場合ですよ。

先生:

日本語では、普通、「同じ釜の飯を食う」って

言うんだろう?

弟子:

でも、こういう言い方もしない訳じゃありません

よ。

先生:

そうだな、こんな感じかな?

“过去一个被窝滚过来的

guòqùyīgebèiwōgǔnguòláide

弟子:

なるほど、そう言えば良いのですね。

で、

“被窝 bèiwō

が、見慣れない言葉ですね。

ちょっと、辞書を引いてみましょう。

 『中日大辞典』  布団を両がわと足の方とを折り

            まげて筒状にしたもの

 『中日辞典』    掛け布団、特に寝るときに体の両わき

            と足もとにあたるところを、内側に封筒

            状にたたんだ掛け布団をさす(中に入っ

            て寝る)    

 『中国語辞典』  (潜り込めるよう)筒状に折り畳んだ掛け

            布団、寝床

“被窝里放屁”

というのも、ありますね?

先生:

聞いたことないな。

どう言う意味かね?

弟子:

「他人に影響を与えないこと」だそうです。

先生:

なるほど。

しかし、自分にとっては、迷惑な話じゃのう。

« 親切があだになる | トップページ | 一つのマントーを分け合った仲 »

」カテゴリの記事