« タブー | トップページ | 幼なじみ »

2008年12月23日 (火)

聞き飽きた

先生:

君、学問の道は、本当に孤独で、かつ、厳しいもの

なんだよ。

弟子:

先生、正直申しまして、その話、もう聞き飽きました。

何か、もう少し、別の言い方はないのでしょうか?

先生:

何と!

私などは、テープに入れて、毎日、三回、この言葉を

聞いているよ。

それでも、聞き飽きるなどということはないよ。

君、少し、自分に甘いのではないか?

弟子:

先生、軽はずみなことを申し上げて、まことに、

申し訳ございません。

私の思いあがりでした。

もう、こういうことは申し上げませんが、でも、

この言葉を中国語でどう言うか、伏してご教示

いただけますよう、お願い申し上げます。

先生:

そうかい、じゃー、教えて進ぜよう。

“听腻了 tīngnìle

“听烦了 tīngfánle

じゃよ。

弟子:

この形、よく出て来ますよね?

先生:

そうじゃな、

“看腻了”

“吃腻了”

被摸

弟子:

最後のは、何ですかね?

« タブー | トップページ | 幼なじみ »

」カテゴリの記事