« たおやか | トップページ | 柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 »

2008年11月18日 (火)

たわわ

弟子:

先生、秋もいよいよ深まり、あちこちから、果物の

甘い香りが漂って来るようになりましたね。

田舎の沿道には、果物が「たわわに実って」いますね。

これは、どう表現したら、よいのでしょうか?

先生:

うん、いい質問じゃ。

君なら、どうする?

つい先日、中国語検定2級に受かったって自慢していた

じゃないか。

この位の事は言えるじゃろう?

弟子:

先生、無理ですよ。

これがスラスラ口を突いて出て来たら、大したもんですよ。

試験問題を作成する側に回れる位ですよ。

先生:

なんだ、だらしないな。

わしなら、こう言うな。

 ---坠弯了枝头

---zhuìwānlezhītou

“树枝都被---坠弯了

shùzhīdōubèi---zhuìwānle

“---挂满树枝头

---guàmǎnshùzhītou

“---累累---lěilěi

弟子:

言われてみて、「そうか、それでいいんだ」って、感じ

です。

先生:

そうだ、これを訳してみてくれないか?

「柿食えば、鐘が鳴るなり法隆寺」

« たおやか | トップページ | 柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 »

」カテゴリの記事