« ストーカー | トップページ | ケースバイケース »

2008年11月 4日 (火)

おこがましい

弟子:

今度は、「私のような者が、このようなことを言うのは、

大変おこがましいのですが・・・」の「おこがましい」です

が・・・。

先生:

我々は、そんな過激な謙遜語は、使わないよ。

弟子:

でも、それに類した言葉はあるはずですよ。

多少、へりくだって物を言う時もあるはずですよ。

先生:

これかな?

太不自量 tàibùzìliàng

いや、しっくりこないな。

自分で言うんだったら、

“抛砖引玉 pāozhuānyǐnyù”

が多いな。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  <諺>煉瓦を投げて玉を引き寄せる、

               先に自分自身の浅薄な意見を

               述べたり、文章を発表することで、

               より良い意見や文章を引き出そう

               とすること(へり下った言い方)

 『中日辞典』   <成>れんがを投げて玉を引き寄せる、

                たたき台 →何か発言するとき、

                自分の未熟な見解を述べて大方

                の卓説を引き出すという意味に

                用いることが多い

 『中国語辞典』  <成><謙>(れんがを投げて玉を引き

                     寄せる→)

                自分の未熟な意見をまず述べて

                他人の価値ある意見を引き出す、

                立派な意見を引き出す呼び水と

                する

 『50+630』      取るに足りない意見を述べて他人の

            卓説を引き出す

先生:

こういうところに、文化の違いが顔をのぞかせているな。

日本語には、「へり下った」言い方が多いな。

弟子:

例えば?

先生:

「突拍子もない意見に聞こえるかも知れませんが・・・」

「身の程知らずと思われるかも知れませんが・・・・」

「釈迦に説法だとは思いますが・・・」

「私のような素人の意見は、聞くに値しないのでは・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お耳を汚すことになりはしないかと思いつつも、

敢えて私の意見を申し述べさせていただきたいと

存じますが、お耳がけがれたとお感じになられた

方は、この話のあと裏の滝で是非お耳をすすぎ

洗っていただきたいと存じます。」

弟子:

そんな言い方しますか?

先生:

いやー、最後のは、私の常套句さ。

うちの滝の水は、「汚れた耳」によく効くんだよ。

一回、500円、安いよ。

« ストーカー | トップページ | ケースバイケース »

」カテゴリの記事