« 筋が通らない | トップページ | 青筋を立てる »

2008年10月 5日 (日)

筋金入りの

弟子:

ところで、「筋金入りの共産党員」「筋金入りの新聞記者」

「筋金入りの詐欺師」「筋金入りの寝業師」「筋金入りの

女衒」「筋金入りの金庫番」「筋金入りのフィクサー」

・・・などと言う場合の「筋金入りの」は、どう訳しますか?

先生:

君、「共産党員」と「女衒」を一緒くたにするなよ。

弟子:

すみません。

「経験豊富で、正真正銘の」といった意味ですが・・・。

“身经百战而不折不扣的”

でしょうか?

先生:

“老资格 lǎozīgé”

や、

“资深 zīshēn

でいいんと違うか?

「ベテラン」という意味だろう?

弟子:

はい、そうです。

ちょっと、失礼:

“资深 zīshēn

 『中日大辞典』  なし

 『中日辞典』   古参の、先輩の、上位の

 『中国語辞典』  ベテランの、キャリアのある 

英国のかつての辞書作りの「筋金入りの」大家であら

れた、かのジョンソン大先生が、辞書作りの難しさを、

どこかで、嘆いておられましたが、確かに、

「言の葉は、世につれ、うたにつれ」で変化が激しく、

難しいものですよね。

そのうち、この言葉も、日中辞典で、「筋金入り」などと

訳されるのかも知れませんね。

先生:

寡聞にして、存じ上げないのだが、その「ジョン・ウエイン」

とかいう人物は・・・。

弟子:

先生、東洋人として、もっと西洋の事にも関心を払ってくだ

さいよ。

それは、ともかく、

「さー、背筋を伸ばして、しっかりと筋金を入れましょう!!!」

先生:

いつから、ここは、「ヨガ教室」になってしまったんだい???!!

« 筋が通らない | トップページ | 青筋を立てる »

」カテゴリの記事