« 汚染ミルク | トップページ | 未然に防ぐ »

2008年10月16日 (木)

カルシウム不足

弟子:

「汚染ミルク」の蔓延で、というか、ミルクを飲むことを

敬遠するようなことになって来ると、「カルシウム不足」

が心配ですね。

先生:

そうじゃよ。

酸素ほどじゃないが、人間が生きる上でなくてはならない

ものだからな。

弟子:

「カルシウム不足」って、どう言いますか?

先生:

“钙不足 gàibùzú”

“摄钙不足 shègàibùzú”

じゃよ。

弟子:

中国語は、凄いですね。

化学元素をすべて漢字化してしまうんですね。

先生:

そんなの、朝飯前だよ。

君達が朝、バナナを食している間に、やりのけて

しまうよ。

弟子:

でも、やはり、音は、元の「カルシウム」の音を

残していますね。

「摂」の方は、「摂取」の「摂」ですね。

「摂大乗論」の「摂」でもありますね。

先生:

「摂大乗論」?

日本語にも訳されているのかね?

弟子:

はい、長尾雅人先生等によって訳されています。

先生:

そんなもの、日本人、読むかのかね?

弟子:

もちろんです。

生きる上で、「カルシウム」と同じくらい必要ですから。

先生:

?!!!

« 汚染ミルク | トップページ | 未然に防ぐ »

」カテゴリの記事