« 口が滑る | トップページ | 対岸の火事 »

2008年10月13日 (月)

口は災いの元

弟子:

では、「口は災いの元」ですが、これは日本語と

同じ予感がしますが、いかがでしょうか?

先生:

当然じゃよ。

出典は、「唐の国」じゃからな。

“祸从口出 huòcóngkǒuchū”

じゃよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

  『中日大辞典』 “祸从口出,病从口入”

           <諺>災いも病も口が元である

 『中日辞典』      なし  

 『中国語辞典』  なし

 『50+630』   なし

割と廃れつつあるんですかね、この言葉。

「舌禍事件」に押されているんでしょうか?

先生:

日本では、「舌禍事件」が多いな。

国会議事堂前に、「口は災いの元」を、大書して

おいた方がいいんじゃないかなー。

ところで、災いは、

“祸从天降”

で、天からも降ってくるよな。

君も、晴れた日でも、傘をさして出かけた方が

いいんじゃないか?

弟子:

天どころか、今時は、地下からも湧き出て来ますよ。

「デイープ・コア」時代ですから。

先生:

????????

« 口が滑る | トップページ | 対岸の火事 »

」カテゴリの記事