« ひとたまりもない | トップページ | 番狂わせ »

2008年9月 1日 (月)

刮目すべし

弟子:

“刮目相看 guāmùxiāngkàn

ですが、もしかしたら、

“士别三日,即更刮目相待”

のことですか?

先生:

君、よく知っているな、そんな古めかしい言葉を。

弟子:

先生、日本ではこの手の言葉の解説本が多いん

ですよ。

先生:

じゃー、口で言ってみてご覧。

弟子:

無理です。

長過ぎます。

先生:

エッー、発音できないのか。

発音できなければ、中国語を覚えたことには

ならんよ。

弟子:

すみません。

今度、練習しておきます。

で、ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』 <成>期待の目で見る、新しい目で見る

 『中日辞典』   <成>新しい目で見る、刮目する

 『中国語辞典』 <成>(目をこすって相手を見る→)

               古い見方を捨てて新しい見方をする、

               刮目してみる、

               期待して眺める

 『50+630』   なし

先生:

京セラの稲盛先生もおっしゃっているよ。

「人は、成長する。だから、人を見る時には、その人が

 成長することを想定してかからなければいけない」

と言うようなことを。

弟子:

確かに。

スポーツだけではなくて、人間社会では、どこにも

当てはまりそうですね。

まずは、こちらの四字熟語の発音から覚えることに

します。

先生:

「三日後」を期待しとるよ。

« ひとたまりもない | トップページ | 番狂わせ »

」カテゴリの記事