« 玉にキズ | トップページ | フライング(2) »

2008年9月12日 (金)

フライング(1)

弟子:

先生、余り思い出したくないでしょうが、劉翔の

レースで「フライング」がありましたよね?

先生:

あー、

“抢跑 qiǎngpǎo

のことかな?

なぜ、君らは、「フライング」などと言うんじゃ?

「あじフライ」「かきフライ」は、わしの好物だが、

それとは関係あるのかな?

弟子:

先生、なんと、これは「和製英語」らしいですよ。

アメリカ人が日本人が発する「フライング」という

言葉を聞いたら、「飛ぶ」とも「油で揚げる」とも聞

こえるみたいですよ。

決して、「不正なスタート」には聞こえないとのこと

です。

先生:

なんで、君達は、わざわざ和製英語なんか作りだす

のかね?

その点、わしらは偉いじゃろう、自分の言葉、文字で

表現しているんだから。

弟子:

確かに。

辞書によれば、

“抢购”“抢救”“抢修”

などもあるそうです。

割とすっきりしていますね。

日本語にもこの「字」を取り入れればよかった

ですよね。

先生:

日本語に訳してみてごらん。

弟子:

“抢购”  先を争って買う

“抢救”  応急手当をする

“抢修”  応急修理をする

でしょうか?

先生:

よかろう。

では、

“抢跳 qiǎngtiào

は、どうじゃ?

弟子:

「先を争ってバンジージャンプする」かな?

いや、「先を争って飛び込み自殺をする」ですか?

先生:

惜しいな。

« 玉にキズ | トップページ | フライング(2) »

」カテゴリの記事