« とんとん拍子 | トップページ | 日の出の勢い(2) »

2008年8月15日 (金)

日の出の勢い(1)

弟子:

特に「けなす意味」も、「おだてる意味」もない言葉

で、「日の出の勢い」ってどう言いますか?

先生:

そうじゃな。

“蒸蒸日上 zhēngzhēngrìshàng

あたりかな。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』    <成>日のさし昇るように勢いよく

                起こる、

                日増しに高まる

 『中日辞典』    <成>(事業などが)日に日に向上し

                 発展する、

                 日増しに高まる

 『中国語辞典』   <成>(事業・生産・名声・声望などが

                  客観的状況から言って)

                  日一日と向上発展する

 『50+630』   なし

「良い意味」一色って感じですね。

先生:

そうだな、もし、人類が発展することが「善い」ことで

あればの話じゃがのう。

ニーチェ先生なんか、「人間が一番偉いとは思うなよ」

などと警告しているからね。

弟子:

そうですね、銀河系全体にとって、人類の発展がどうい

うものであるか、考えてみないといけませんね。

先生:

君、いつから、そんなに哲学者みたいに、「存在論」

を振り回すようになったんだい?

弟子:

中国が発展し始めてからですよ。

« とんとん拍子 | トップページ | 日の出の勢い(2) »

」カテゴリの記事