« 日の出の勢い(1) | トップページ | 破竹の勢い(1) »

2008年8月16日 (土)

日の出の勢い(2)

弟子:

先生、こういうのもありますね。

“欣欣向荣 xīnxīnxiàngróng

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』   <成>活気あふれ栄えるさま

 『中日辞典』   <成>草木がすくすくと伸びる、

                勢いよく発展すること、

                生き生きと進歩向上すること

 『中国語辞典』  <成>(春になって)草木がすくすく伸びる、

                (比喩的に;事業・生産・建設などが

                 話し手の主観的感覚から見て)

                 活気にあふれている、

                 どんどん発展して行く

 『50+630』   勢いよく発展する、

            繁栄に向かってまっしぐら

字面からして、生き生きとしていますね。

先生:

世界文明の栄枯盛衰を見てみると、日一日と衰退する

文明もあれば、日一日と繁栄して行く文明もあり、

いずれも、如何ともし難いものがあるようだな。

弟子:

今、日本は衰退局面に入り、中国は繁栄局面に入った

んでしょうか?

先生:

まー、そういう見方をする者は多いが、わしは、そうは

思わんな。

「中国+朝鮮半島+日本」が繁栄局面にあると見てい

るんでね。

弟子:

じゃー、日本の今までの繁栄は、まだ超えられるという

ことなのでしょうか?

先生:

そうじゃよ。

明治維新以後の日本の今までの繁栄は、局地的な

ものだと見るな。

弟子:

先生、何だか、勇気づけられますね。

« 日の出の勢い(1) | トップページ | 破竹の勢い(1) »

」カテゴリの記事