« 話にならない | トップページ | 刮目すべし »

2008年8月31日 (日)

ひとたまりもない

弟子:

あのチームが本気になってかかって

来たら、「ひとたまりもない」ってよく

言いますよね。

それって、どう言います?

先生:

“不堪一击 bùkānyījī

じゃないかな?

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  一撃にも耐えない   

 『中日辞典』   ひとたまりもない、

            一撃のもとに参ってしまう

 『中国語辞典』  (力が弱いため戦争・試合・論戦で)

           一撃を食らうと一たまりもない

 『50+630』  なし

なるほど、そのものズバリですね。

先生:

こういうケースも、もちろん多いが、

「番狂わせ」もあるよな。

弟子:

はい、一試合毎に力をつけて行くチームがいます

からね。

先生:

そういうチームは、まさに、

“刮目相看 guāmùxiāngkàn

じゃな。

弟子:

?????

« 話にならない | トップページ | 刮目すべし »

」カテゴリの記事