« モンテネグロ | トップページ | 死力を尽くす »

2008年8月22日 (金)

格下

弟子:

「敵」と言えば、よく、

中国篮球队不敌梦八队”

などと使われますね。

先生:

そうそう、スポーツではよく使われるね。

ところで、

“不敌 bùdí”

は、日本語では、どう言う?

弟子:

「・・・には及ばない」

「・・・と互角には渡り合えない」

「・・・の格下である」

「・・・にはかなわない」

などと訳せるでしょうね。

中国語の場合、たった二文字で、うまく表せるんですね。

先生:

そうじゃよ。

弟子:

で、先生、いつになったら、アメリカの「ドリームチーム」

と対等に渡り合えるチームが現われるんでしょうか?

先生:

わしは、アフリカあたりから、現れると見ているな。

今回、中国チームも「死力を尽くした」んだがなー。

やはり、飛ぶ鳥も落とす勢いのチームにはかなわない

な。

まー、最初からメダルがどうのこうのと考えてはいなか

ったんだから、よしとしよう。

« モンテネグロ | トップページ | 死力を尽くす »

」カテゴリの記事