« 歴史に残る名勝負 | トップページ | ビンタ »

2008年8月25日 (月)

やっつけろ

弟子:

日本のバドミントンの「オグシオ」が中国ペアと

対戦した時、中国の観客の「殺せ!」「殺せ!」

というコールに辟易したとの報道がありました。

先生:

「ゴマシオ」?

弟子:

美しい塩ですよ。

先生:

で、何が問題なのじゃ?

“杀! ! shā! shā!

って言っただけだろう。

それに、どうして中国語が分かったんだよ?

弟子:

大きな声で怒鳴るから、「何て言ってるの?」

って聞いたんだと思います。

そしたら、「殺」という字を発音しているんだと

教えられたんでしょう。

日本人が相手だったので、積年の恨みを込め

て「殺せ!」「殺せ!」って叫んだんでしょう?

先生:

そうかな?

アメリカ人相手でも、言うはずだよ。

弟子:

あっ、辞書にありますね。

「突撃の声」

「戦う」

「攻める」

「突き進む」

という意味もあるんですね。

そういえば、「水滸伝」や「三国志」の漫画にも、

“杀! ! shā! shā!

が良く出て来てましたね。

「かかれ!」

「やっちまえ!」

「突っ込め!」

って意味だったんですね。

先生:

日本人も、「やっちまえ!やっちまえ!」って応援し

たら、どうかね?

弟子:

先生、それは無理です。

日本人にとって、戦いとは、「自己との戦い」なん

ですから。

先生:

?????

« 歴史に残る名勝負 | トップページ | ビンタ »

」カテゴリの記事