« しきたり | トップページ | 出る杭は打たれる(1) »

2008年7月14日 (月)

能力の無い者は人一倍努力するしかない

弟子:

それは、どんな「しきたり」ですか?

先生:

“笨鸟先飞 bènniǎoxiānfēi

じゃよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  愚かな鳥は先に飛び立つ

           <喩>勤勉で鈍才をカバーする

 『中日辞典』   <成>のろまの鳥は早めに飛び立つ、

            行動ののろい人は先に動き出す、

            または能力の劣る人は早めに仕事に

            取りかかることのたとえ

 『中国語辞典』  (人に負けないために)能力の劣った人

            は早めに仕事に取りかかる

 『50+630』   なし

先生、いい言葉ですね。

日本語には、ないですね。

先生:

日本人は、皆、自分が優れていると思っているんじゃ

ないか?

自信過剰じゃ、ないか?

弟子:

少なくとも、私は、違います。

これからは、予習、復習を、毎日30分づつ余分に

やることにします。

先生:

いい心がけじゃ。

« しきたり | トップページ | 出る杭は打たれる(1) »

」カテゴリの記事