« 雷鋒に学べ | トップページ | 個人情報ファイル »

2008年7月30日 (水)

媽祖

先生:

官製ではなく、純粋に民間で生まれた英雄に、

“妈祖 māzǔ

がいるな。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  なし

 『中日辞典』   <宗>媽祖、海上・航海の女仙人

 『中国語辞典』  なし

北方から南部まで、広く崇められているようですね。

先生:

そうじゃよ。

君が、ギャンブルの聖地とみなしている「マカオ」も、

「媽祖」をまつった

“妈阁庙 māgémiào”

から来ていると言われているんだよ。

弟子:

「マカオ」と言えば、日本人キリシタンが新天地を

求め居つき、聖堂を建てたという話を聞いたことが

あります。

日本とは縁が深いですね。

先生:

そう、君の祖先も、もしかしたら、中国大陸や日本列島

を行ったり来たりしていたかも知れないよ。

弟子:

先生、「媽祖」は、28歳で亡くなったというか、この地上か

ら姿を消したみたいですが、「処女」だったんでしょうか?

先生:

君、どうしてそういうことにばかり興味を持つんだね?

どっちだっていいじゃないか。

弟子:

いえ、ついつい、興味本位で・・・、すみません。

先生:

大変家族思いの乙女だったらしい。

恋人がいたかどうかまでは、資料が残っていない

んじゃないかな。

まー、どちらにせよ、非凡で数奇な運命の持ち主

だったに違いないよ。

« 雷鋒に学べ | トップページ | 個人情報ファイル »

」カテゴリの記事