« 原産地偽装 | トップページ | 雷鋒に学べ »

2008年7月28日 (月)

連合企業

弟子:

先生、中国的な言葉の続きですが、何か

ありませんか?

先生:

あるよ、あるよ、ザクザクあるよ。

弟子:

「はなさかじじい」みたいですね。

先生:

“联营 liányíng”

というのがあるな。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  連合して経営する

 『中日辞典』   共同経営する

 『中国語辞典』  (複数の個人・企業が設備・技術・人材

             ・生産・供給・販売の面で)連合して

             経営する

別に、特別中国的な匂いはしませんが・・・。

先生:

そうかもな。

しかし、国や地方政府と地区や個人が組んでやって

いる企業と言えば、少しはにおうじゃろう?

弟子:

先生、中国には、どの位の企業があると思われます?

先生:

それが、複雑怪奇で、曰く言い難しなんじゃよ。

香港、マカオを含めて、ざっと、・・・・社と言いたいところ

だが、難しいな、こういった数字を捉えるのは。

弟子:

ざっくりでいいですから。

先生:

そうだな、

4000万社位かな。

日本は?

弟子:

250万社位と聞いています。

先生:

250万 対 4000万 か?

全世界では、一体何社位あるんだろうか?

弟子:

想像もつきませんね。

ところで、先生、日中政府と組んでビジネスをやりませ

んか?

先生:

何のビジネスをじゃ?

弟子:

そうですね、手始めに、企業名簿を作って売るビジネス

なんかどうでしょうか?

先生:

君、発想が貧困過ぎるよ。

« 原産地偽装 | トップページ | 雷鋒に学べ »

」カテゴリの記事