« 独占する | トップページ | 鶏が先か、卵が先か »

2008年7月23日 (水)

いちゃもんをつける

弟子:

ところで、先生、消費者が買った品物に「難癖をつける」

「いちゃもんをつける」って、どう言いますか?

先生:

いろいろ言い方があるが、代表格は、

“鸡蛋里挑骨头 jīdànlitiāogǔtou

じゃよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

  『中日大辞典』  意地悪くあらを探す

  『中日辞典』   卵の中から骨を探し出そうとする

  『中国語辞典』  <諺>(卵の中に骨を捜す→)

                 故意に人の粗探しをする

  『50+630』   なし

ちょっと大げさですね。

先生:

いやいや、「骨」じゃなくて、「鶏」の方が良いのでは

ないかと思ってるよ。

いや、それとも、「恐竜」は、どうかな?

「卵の中に恐竜を探す」ってのは?

弟子:

先生、話は大げさなほど味が出るって訳でもない

でしょう。

でも、総じて、中国語にはオーバーな表現が多い

ですよね。

先生:

そうじゃよ。

我々は、イマジネーションが豊かなんだよ。

弟子:

そうでしょうか?

でも、実際、消費者が本当にこんな姿勢でやって

来たら、企業は、たまりませんね。

« 独占する | トップページ | 鶏が先か、卵が先か »

」カテゴリの記事