« やせ我慢 | トップページ | 独善的(1) »

2008年6月16日 (月)

堪忍袋の緒が切れる

弟子:

人間ですから、時には、自分の感情をコントロール

できないこともあるでしょう。

つまり、「もう我慢ならねー」「堪忍袋の緒が切れたぞ」

っていう場合、どう言います?

先生:

日本人達は、そんな袋を持ち歩いているのかね?

で、その袋は、徐々に大きくなって行くのかね?

で、万歩計みたいに、目盛があって、「さー、

限界点に達したぞ」ってなるのかね?

弟子:

そうですよ。

お見せしましょうか?

体のこの辺にあるんですよ。

先生:

ほー、君、ずいぶん大きくなっているじゃないか?

どうしてかね?

弟子:

「愛妻」のおかげですよ。

まったく、いやになりますよ。

先生:

そりゃー、ご愁傷さま。

こういう場合、こう言うな。

忍无可忍 rěnwúkěrěn”

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  <成>これ以上は耐えられない

 『中日辞典』   <成>忍ぶに忍べない、

                これ以上我慢できない、

                堪忍袋の緒が切れる 

 『中国語辞典』  <成>耐えるに耐えられない、

                これ以上耐えられない、

                堪忍袋の緒を切らす

 『50+630』   これ以上我慢できない、

            堪忍袋の緒が切れる

先生、この形ですが、

无可忍

だけでも、意味は通じると思うのですが・・・。

先生:

いやいや、それでは、「耐えに耐え忍んで来た」という

ニュアンスが消えてしまうだろう。

このまま、覚えてもらうしかないな。

弟子:

分かりました。

« やせ我慢 | トップページ | 独善的(1) »

」カテゴリの記事