« 天の時、地の利、人の和 | トップページ | 同じボートに乗る »

2008年6月10日 (火)

心を一つにする

先生:

「人の和」を、口で言うのはたやすいが、

実に難しいものなんだよ。

弟子:

でも、先生、何のかのと言ったって、人類は

地球環境を破壊するほどまで繁栄している

じゃないですか。

恐竜も顔負けでしょう、きっと。

先生:

「繁栄」かな?

ただ、「繁殖」しているだけじゃないか?

「心を一つにしている」とは、ほど遠いんじゃ

ないか?

弟子:

先生、「心を一つにする」は、どう言います?

先生:

“众志成城 zhòngzhìchéngchéng ”

じゃ。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』 <諺>衆が心を合わせてやれば城の

               ように大勢力になる、

               団結すれば力は大きくなりどんな

               困難も克服し成就できる  

 『中日辞典』   <成>みんなが心を合わせればどんな

                困難でも克服できること

 『中国語辞典』  <成>(多くに人が一致協力すれば堅固

                 な城塞ができる→)皆が一致

                 協力すればいかなる困難にも

                 打ち勝つ

 『50+630』   なし

なるほど、日本語の「人垣」のイメージが重なりますね。

先生:

「人垣」ね?

「恐竜垣」ってのもあるのかな?

弟子:

恐竜が100頭も並んだら、並んだだけでも迫力が

ありますよね。

先生:

その上、「心も一つ」だったら、それこそ、・・・。

あー、こわー。

「パ二パ二パニック」じゃよ。

弟子:

??????!!!

« 天の時、地の利、人の和 | トップページ | 同じボートに乗る »

」カテゴリの記事