« 兵士 | トップページ | 活断層 »

2008年6月22日 (日)

新潟

先生:

そういえば、もう一つあるな。

「新潟」の「潟」だよ。

弟子:

xiè”

でしょう?

先生:

そう思うだろう?

全く、素直さの見本だからね、君は。

弟子:

だって「一瀉千里」の「瀉」でしょう?

先生:

「潟」と「瀉」は、違うだろうが。

弟子:

あっ、本当ですね。

ちょっと失礼。

なるほど、

新潟 xīnxì

なんですね。

先生:

そうなんだよ。

私も最初間違えたよ。

弟子:

で、新潟の大学生達は、これを正しく発音して

いるんでしょうか?

先生:

どうかな?

案外、中国人も間違うので妥協してしまって

いるんじゃないかな?

弟子:

そうですよね、一般的に言って、中国の人は

間違っていても堂々と言いますからね。

先生:

なんじゃ、それは。

それは、まったくの言いがかりじゃよ。

« 兵士 | トップページ | 活断層 »

」カテゴリの記事