« 大事業は一夕一朝にはならず | トップページ | 心を一つにする »

2008年6月 9日 (月)

天の時、地の利、人の和

先生:

大事業を成し遂げるために、必要なものは

何かね?

弟子:

「金」、「人」、「技術」ですかね?

先生:

それから?

弟子:

何でしょう?

先生:

「運」じゃよ。

「運」がすべてじゃよ。

弟子:

先生、本気ですか?

先生:

いや、冗談だ。

やはり、

“天时不如地利,地利不如人和 

tiānshíbùrúdìlì,dìlìbùrúrénhé

じゃないかな?

弟子:

ちょっと、失礼。

   『中日大辞典』  天の時は地の利に如かず、

              地の利は人の和に如かず

   『中日辞典』    なし

   『中国語辞典』  天の時は地の利に如かず、

              地の利は人の和に如かず

   『50+630』   天の時は地の利に如かず、

              地の利は人の和に如かず

先生:

先人のこの言葉、今、中国の指導者は痛いほど、 

思い知らされているだろうな。

弟子:

先生、口はばったいですが、日本の指導者も同じ

じゃないでしょうか?

先生:

「口が幅広い」?

まー、いいや。

この面においては、どこの国の指導者もいい勝負

かもな。

 

 

« 大事業は一夕一朝にはならず | トップページ | 心を一つにする »

」カテゴリの記事