« 忠言は耳障りなものだ | トップページ | アカウンタビリティー »

2008年6月 1日 (日)

手抜き工事

弟子:

ところで、「おから工事」は、比較的新しい言葉でしょう?

それまで、一般的に「手抜き工事」は、なんて言って来た

んですか?

先生:

“偷工减料 tōugōngjiǎnliào

じゃよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  <成>ひそかに仕事の手をぬき材料を

                ごまかす

 『中日辞典』    <成>仕事の手を抜き材料をごまかす

 『中国語辞典』   <成>仕事の手を抜き材料をごまかす

 『50+630』   なし

日本語の「手を抜く」以外に、「材料をごまかす」の意味も含ま

れていますね。

先生:

『中日大辞典』の「ひそかに・・・」というのは、

“偷工のニュアンスをうまく言い表しているね。

わしだったら、こう訳すな。

「ひそかに工事の手を抜き、材料の質を落とす」

弟子:

で、こういう現象、行為は多いんですか?

先生:

多いなんてもんじゃないよ。

特に、中国ではマンションは、内装工事を買主が

自分でやるのが普通なんだよ。

で、内装工事に、この手の工事が多いんだ。

買主は、「手抜き工事」をされないよう、いつも

見張っている必要があるんだよ。

弟子:

では、学校等公共施設の場合、だれが見張ること

になるんでしょうか?

先生:

そこじゃよ。

今回、問題になったのは。

« 忠言は耳障りなものだ | トップページ | アカウンタビリティー »

」カテゴリの記事