« 堰き止め湖 | トップページ | 震度 »

2008年6月26日 (木)

マグ二チュード

弟子:

ところで、日本では、地震と言えば、「マグ二チュード」

と「震度」が良くつかわれますが、中国でも同じでしょう

か?

先生:

同じだよ。

まず、「マグニチュード」だが、

震级 zhènjí

じゃ。

弟子:

なんだか、これが「震度」に思えてしまうような漢字の

組み合わせですね。

先生:

そうかな?

いや、そうかも知れないな。

何かいきさつがあったんじゃろう。

弟子:

それにしても、ごくごく普通の人が、こういう専門的な

言葉を使い時代になってしまったんですね。

「今の地震、マグニチュード、いくつだった?」

「6位かな?」

などと。

先生:

そうだよな。

ついこの間までは、

「今の地震は、すこぶる大きかったな」

「いえ、30年前のに比べれば、小さめでしたよ」

位の会話しかしていなかったはずじゃからな。

« 堰き止め湖 | トップページ | 震度 »

」カテゴリの記事