« 極悪人扱いする | トップページ | フェイドアウト »

2008年5月17日 (土)

大原則

弟子:

今回の欧米メディアに対する中国人の猛反発から、

中国の人達は、かなり外国人達が自分達をどう

見ているか、評価しているか、を気にしていることが

分かりました。

大中華思想をお持ちの中国人は、周りの人間がどう

言おうと平気だと誤解していました。

先生:

いや、どこの民族だって同じだよ。

ただ、日本人は、余りにもどんな細かいこと

でも気にする傾向が強いと思うな。

一方、中国人は、余り細かいことはどうでもよいが、

“大是大非 dàshìdàfēi

の問題については、ものすごく気にすると言えるんじゃ

ないかな。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  根本的な正邪善悪

 『中日辞典』   <成>原則的な是と非

 『中国語辞典』  <成>(根本的原則、多く政治的原則

                にかわるような)是非の問題 

 『50+630』   根本的な是非善悪、

            大原則に関わる問題

なるほど。

これでは、話し合いが、すれ違ってしまうはずですね。

日本側、日本のメディア、テレビのコメンテーター、識者、

評論家が問題とする「餃子事件」「チベット問題」「東シナ海」

問題が、真正面から取り上げられない筈ですね。

先生:

中国側は、

「日中間の歴史問題をどうするか?」

「一体、日本は、日本人は、中国が四千年の歴史上で

初めてといっても良い国際社会における一大イベント、

オリンピックを主催することを支持してくれるのか、支持

してくれないのか?」

「今後お互いどう付き合って行くべきか?」

にしか興味がないんじゃないかな?

これはあくまでも私個人の見方に過ぎないが、中国

指導層の本音は、こういったものだと思うよ。

「相変わらず、餃子事件や一少数民族の独立問題を、

大原則の問題とごちゃまぜにしているよ。

というか、大原則の問題は、問題じゃないみたいだ。

日本には、本当に、戦略家がいないな。

われわれが逆の立場にいたら、大原則の問題を真正面

から話し合う一方で、民主化問題、宗教弾圧、言論の統

制、貧富の格差、環境破壊などの中国が痛いところをつ

くけどな。

あるいは、日本の安保理常任理事国入り支持をオリンピ

ック支持の見返りとするけどな。

まー、いずれにせよ、これで、オリンピックに関しては、

日本方面の対策は万全だ。めでたし、めでたし!」

弟子:

先生、私の見方は、ちょっと違います。

中国の人は、自分の都合に合わせ「大原則問題」と「個別

問題」をないまぜにし、結局は、自分達の目的を達成する

といった感じです。

いつも、大原則ばかり問題にしている訳じゃなく、時には、

日本人より個別問題に執着することがありますよ。

先生:

それでは、まるで、「中国人は手段を選ばない」と聞こえる

が。

弟子:

そうですよ。

なんたって、偉大なる「孫子」先生の薫陶を受けています

からね。

« 極悪人扱いする | トップページ | フェイドアウト »

」カテゴリの記事