« チクショー | トップページ | アイデイアが豊富 »

2008年5月14日 (水)

アル中

弟子:

もう一人、「九鬼」さんがいます。

先生:

エッ、“酒鬼 jiǔguǐ

弟子:

もし、知らない人が横にいて、

“你好,九鬼 jiǔguǐ

などという挨拶を耳にしたら、びっくりするでしょうね。

少なくとも、冗談だととる人は多いでしょうね。

先生:

「こんにちは、アル中さん」と言っている訳だからね。

弟子:

もっと悪いのは、

「君が酒が飲めないって、酒飲みさん?

冗談だろう。さー、もう一杯行きましょう」

って、乾杯を強要されることでしょうね。

先生:

中国人は、そんな無体なことはしないだろう?

弟子:

とんでもない!

そんな人ばかりですよ。

先生:

そうかな?

この間、日本で働いている中国人と「異文化とは何か?」

ということを話していたら、彼らが異口同音に、

「酒文化だ」と言ってたけどな。

日本では、「飲ミ二ケーション」が何より大事だそうだ。

弟子:

先生、その「飲ミニケーション」って、中国語でどう言いますか?

先生:

うーん?

新しい言葉だよな。

ちょっと考えさせてくれ。

« チクショー | トップページ | アイデイアが豊富 »

」カテゴリの記事