« フェイドアウト | トップページ | 重荷 »

2008年5月19日 (月)

棚上げにする

弟子:

“搁置 gēzhìは、「棚上げにする」と訳出しましたが、

ちょっと辞書を見てみますね。

 『中日大辞典』  置く、さしおく、棚上げにする、放任する

 『中日辞典』   放置する、放っておく、棚上げにする、

           中止する

 『中国語辞典』  放置する、放っておく、棚上げする

大丈夫ですね。

先生:

問題は、“不至于”をどう訳すかだが、

「・・・・というひどい状態にまでは至らない」

「・・・・というひどい状態にまでは至らしめない」

と訳すべきだろうな。

弟子:

最初に、「歴史問題」を持ち出して来るところを

見ると、やはり、相当こだわりがあるのですね。

先生:

当然じゃよ。

今までは、「歴史を忘れるな」・・・・「謝罪が足りない」

・・・「謝罪せよ」と言い続けて来たのだから、それから

すると、随分と思い切った発想の転換しているんじゃよ。

実は、今回、中国側は、原則問題において、一大決心

をして来たんだと思うな。

「反日デモ」の再発が怖いので、歴史問題をことさら

強調しなかったなどという見方は、極めて皮相的な

見方だと思うな。

政府としてもかなり勇気のいる方向転換であり、中国

国民に対する大胆なメッセージの発信だったとも言える

と思うよ。

弟子:

ということは、この部分は、こんな意味合いなので

しょうか?

 「冷酷悲惨な歴史的事実を、徐々に頭の片隅に

  追いやって行ったとしても、原則を放棄する訳では

  ないし、また歴史を棚上げし、忘れるという訳では

  ない」

先生:

うん、そんな感じだな。

 

« フェイドアウト | トップページ | 重荷 »

」カテゴリの記事