« しがらみ | トップページ | 一寸先は闇 »

2008年5月23日 (金)

ブーイング

弟子:

ところで、福田首相が、中国中央テレビの

インダビューで、「ブーイングはよろしくない

ですね」と発言されていますが、

良い事を言われたと私は思います。

先生:

何、「飛行機は、ボーイングから買うな」って?

弟子:

違いますよ。

サッカー等の試合で中国の観客は、まるで

それが人生唯一の生きがいであるかの如く、

相手チームや審判の一挙手一投足にケチを

つけるじゃないですか。

あれじゃ、選手や審判は気の毒ですよ。

先生:

あー、“起哄 qǐhòngのこと?

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』 ① 騒ぐ、かきまぜる

            ② ひやかす、半畳を入れる

 『中日辞典』   ① (多くの人がいっしょになって)騒ぐ、

              野次を飛ばす、半畳を入れる

           ② (多くの人がいっしょになって)一人

              または少数の人を冷やかす

 『中国語辞典』  ① (大勢が一緒になって)騒ぎ立てる、

              大騒ぎする、わいわいやじる

            ② (大勢が少数の人を)ひやかす、

              からかう、はやし立てる

ぴったりの言葉があるところを見ると、これは、中国の

伝統ですかね?

先生:

日本の国会でもやってるじゃないか?

弟子:

そういえば、中国の全人代では、野次が聞かれ

ませんね。となると、いつになったら、中国の

サッカー場で野次が減り、中国の国会で野次が

飛ぶようになるか、ですが、先生、賭けをしま

せんか?

先生:

そうだな、2050年ごろかな?

弟子:

私は、もう少し早くて、2030年ごろではないか

と思います。

先生:

いずれにせよ、わしゃ、あと5年しか持たんよ。

わしの孫と君の息子さんにこの賭けを引き継い

でもらおう。

« しがらみ | トップページ | 一寸先は闇 »

」カテゴリの記事