« 蟻の門渡り | トップページ | かいつまんで言う »

2008年4月21日 (月)

話せば長い

弟子:

「話せば長い」は、

“说来话长 shuōláihuàcháng

なんですね。

何だか日本語の発想とよく似ていますね。

自分にもすぐに使えそうな気がします。

先生:

そうかね?

弟子:

先生、何か私に聞いてください。

先生:

君は、なぜ中国語に異常な関心を抱いているんだね?

弟子:

それは、「話せば長い」ですよ。

先生:

君は、なぜ私に弟子入りしたのかね?

弟子:

それは、「話せば長い」ですよ。

で、話の続きですが、先生は、なぜ大セクソロジストとして、

学会に君臨することを止めたのですか?

先生:

それは、君、「話せば長い」んだよ。

いろいろとあってね。

弟子:

先生、是非、是非、聞かせてください。

かいつまんでいいですから話してください。

« 蟻の門渡り | トップページ | かいつまんで言う »

」カテゴリの記事