« 信じるか信じないかは君次第 | トップページ | リンシャンカイホー »

2008年4月25日 (金)

こじつけ

弟子:

先生、いくら考えても、まだ納得が行きませんね。

なんだか、「こじつけ」っていう気がします。

先生:

何、“强词夺理 qiǎngcíduólǐ

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』   筋の通らぬことを言って横車をおす、

             屁理屈をこねる、こじつける

 『中日辞典』     道理に合わないことを言って強弁する、

             へ理屈をこねる

 『中国語辞典』   へ理屈をこねる、こじつけをする、

             筋の通らないことを言い張る

 『50+630』    こじつける

先生:

わしのシンボルマーク論がかね?

まー、この世は、諸説紛々じゃから仕方ないよ。

それより、この「呂」という字は、大変エロチックな字なんだよ。

弟子:

どういう風にですか?

先生:

男女が「まぐわい」している最中の男の代表的な動作をも表して

いるんだよ。

うそだと思うなら、“肉蒲团 ròupútuán

“杏花天xìnghuātiānを読んでみてごらん。

“未央生 wèiyāngshēng

“封悦生 fēngyuèshēng”

女性に尽くすために盛んに用いているよ。

実際、この二人や、日本の「世の助」などはサービス精神旺盛

じゃのう。

世の中の男性は皆見習うべきと違うかな。

で、この「呂」も真ん中の「ノ」の部分が欠けてしまうと連続動作が

できなくなって困るんじゃよ。

その意味においても、簡体字への改悪は絶対許せないんじゃ。

« 信じるか信じないかは君次第 | トップページ | リンシャンカイホー »

」カテゴリの記事