« お勘定 | トップページ | 武士に二言はない »

2008年2月24日 (日)

何でもあり

弟子:

先生、この前、SB” っていう言葉に出会ったんですが、

どういう意味ですか?

先生:

君、今、何て言った?

弟子:

SB”ですが・・・。

先生:

君、もう一度聞くけど、このブログ式中国語講座は、

どういう趣旨の下にやっているんだね?

弟子:

“实事求是”

です。

中国語に係ることは、「何でもあり」とも言えます。

先生:

“无所不包” ってことだな。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  すべてを包括している

 『中日辞典』   含まないものはない、何でも含まれている

 『中国語辞典』  いかなるものをも包括する

 『50+630』   なし

全く、その通りです。

うそ偽りはございません。

先生:

本当に、その言葉を信じて良いのですね。

弟子:

勿論です。

生半可な気持ちは、これっぽっちもありません。

あくまで、真理を追究する気持ちしかありません。

先生:

そうか?

でも、迷うな。

どうしようかなーーーーーーーーーーー????

弟子:

先生、日本人と中国人が心の底から理解し合うため

に、是非、一肌脱いでくださいよ。

後生です。

お願いします。

先生:

よし、分かった。

知っていることは、洗いざらい話そう。

 

« お勘定 | トップページ | 武士に二言はない »

」カテゴリの記事