« 一人よがり | トップページ | 同性愛者 »

2008年2月 3日 (日)

ふりをする

弟子:

先生、さっき、「もったいつけて・・・」って、何て

おっしゃいました?

先生:

私はネイティブだから、一々自分が話した言葉

なんか覚えちゃいないよ。

弟子:

確か・・・、“作·  って・・・。

先生:

あー、 “作秀” だよ。

それが、どうした?

弟子:

どうして、そういう意味になるんですか?

先生、ルール違反じゃ、ありません?

漢字を冒涜していません?

先生:

いやー、中国古来から、こういう意味だったのじゃよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』   なし    

 『中日辞典』    なし

 『中国語辞典』   なし

 Google中文       5,810,000件

 百度       5,610,000件

何だか難しそうですね。

この言葉は、独り歩きして、意味も多義化している

みたいです。

でも、語源は、 “作 showなんですね。

中国語も、『問題な中国語』が繁殖中ですね。

先生:

わしゃ、英語はからきしなんじゃ。

そうか、英語だったのか。

弟子:

私だったら、この漢字はあてませんね。

“作修”  “作绣” にしますね。

いや、もっとスマートに、「ベガスする」などとしますね。

先生:

何じゃ、そりゃ?

« 一人よがり | トップページ | 同性愛者 »

」カテゴリの記事