« その日暮らし | トップページ | 一人よがり »

2008年2月 1日 (金)

もったいない

弟子:

先生、国際語として最近とみに躍進著しい「mottainai」は、

中国語では何と言いますか?

というか、それにピッタリの言葉はないでしょう?

ないからこそ、日本語の「mottainai」が、世界語になってい

るんですよね?

先生:

何?

国際語、世界語?

そんなこと、聞いたこともないな。

しかし、「もったいない」は、“浪费  làngfèi”

に決まっているよ。

弟子:

ちょっと、失礼、『日中辞典』(小学館、1997年3月25日、

第18刷)を引いてみますね。

 『日中辞典』 

   1.“可惜;浪费” 

         2.“过分”

         3.“不胜感激”

とありますね。

やはり、日本語の「もったいない」の方が、意味が広いですね。

中国語では、「もったいない」のニュアンスは表し切れませんね。

先生:

ちょっと、ちょっと、冗談は「よしこ」さん。

“浪费” は、1.の意味は十分表しているだろうが。

君達、「一人よがり」もいいところだよ。

世界のどこの言葉にだって、“浪费” なんて言葉は、あるよ。

何も、そんなに「もったいぶったり」「もったいをつけたりする」

必要なんかないんだよ、君達は。

« その日暮らし | トップページ | 一人よがり »

」カテゴリの記事