« 愛情一本 | トップページ | 秘書兼愛人 »

2008年1月18日 (金)

一穴主義

弟子:

先生、このブログでは、できる限り、中国人と日本人の

言語生活の実情に迫り、それぞれが表現こそ違え、同じ

人間として似たようなものの感じ方や捉え方をしているこ

とを紹介したいのです。

ですから、余りご自身の民族の面子、威厳、品格にこだ

わらず、できる限り本当のことをおっしゃっていただきた

いのです。

「一穴主義」のような通俗的な表現はないのですか?

きっと、あるでしょう?

教えてくださいよ。

先生:

そう言われても、私のような文人の口には上らないような

言葉は教えようが・・・・。

そうだ、こういうのがあるな。

“一颗树上吊死 yīkēshùshàngdiàosǐ”

弟子:

ちょっと、失礼。

 『大中日辞典』  なし

 『中日辞典』   なし

 『中国語辞典』  なし

 Google中文  137,000件

 百度      183,000件

なるほど、「固定した一本の木で首を吊る」か。

日本語ほど即物的でないのが、何ともいいですね。

しかし、「首を吊る」というのは、少し悲壮感が漂いま

すね。

で、中国では、今まで何人くらいの人がこういう「首の

つり方」をしたんですかね?

先生:

????

« 愛情一本 | トップページ | 秘書兼愛人 »

」カテゴリの記事